ランドセルのあゆみ

小学校に入学すれば、どの子供もみんなランドセルを背負って通学します。

そもそもランドセルが全国に普及したのは、昭和30年代以降で、その歴史は決して長くはありません。

戦前は、背のうと呼ばれるリュックサックのような袋に勉強道具を詰めていました。

それも比較的都会の方だけで、ほとんどの地域では風呂敷に包んでいたようです。

現在、日本ではほとんど全ての子供達が利用するランドセルですが、海外での使用はヨーロッパのごく一部に限られています。

この日本独特ともいえるランドセルは、その普及以降、大きな変化はなかったもののの、近年になって非常に多様化しています。

年々少子化の一途をたどり市場ターゲットが縮小していく中で、メーカーや販売店などの販売競争が激化している事も背景にあるのでしょう。

古くからのランドセルメーカーやカバン店の他に大手スーパーや量販店なども、その一括製造や流通の強みを生かして、手頃な価格で販売に参入しています。

多くの店のランドセルは性能や質のレベルアップはもちろん、素材や色、形、付属品などのオプション、アフターサービスいたるまで非常に充実しており、子供や保護者に支持されるような幅広い選択肢があります。

例えばこちらの可愛いデザインがいっぱいフィットちゃんランドセルオンラインショップなどがあります。

予算にあわせた希望に合ったものが必ず見つかるでしょう。